使い方間違ってない?加齢臭を抑える為の石鹸の正しい使い方とは?

洗顔

 

素人考えで言えば体からニオイを消すためには皮膚の表面をゴシゴシと擦る事でニオイが落ちると思ってしまいがちですが、実際の所どうなのでしょう?

たしかに洗った直後はニオイが取れているようにも思いますが、時間が経つとまたすぐに元の状態に戻ってしまう事もしばしば。

 

なぜならば、洗った後にまたすぐに皮脂が皮膚を覆ってしまうため、一生懸命ゴシゴシと石鹸でこすってもあまり効果が無いという訳なのです。

なので、石鹸での正しい洗い方をしていく事でニオイ対策にも効果を発揮していくのですね。

 

皮脂は外敵などから身を守るために分泌されるもの

 

皮脂というものは脂っこく、ほっておけばニオイの原因ともなってしまうため、体臭が気になるのであればキレイさっぱりと取り除きたい所。

しかし、皮脂には外敵とされる病原菌などの繁殖を防いだり、肌の保湿を保つ役割を持っているためむやみやたら洗い流してしまう事はよくありません。

 

あまりにもテカりすぎる程皮膚を覆ってしまうのであればイラッとしてしまいますが、適度に保つことでむしろ皮膚の健康を保つためにも皮脂は必要不可欠であるものだとも言えます。

 

しかも、皮脂を取り去った後にもまたすぐに新たな皮脂が分泌される仕組みとなっているため、ゴシゴシと洗い落とす事はやってもあまり意味の無い事かもしれませんね。

それにより、皮脂が過剰に分泌されていく事によって加齢臭を促進させてしまう事にも繋がってしまうため、頑張って洗い落とそうとする行為自体極力避けておいた方が良いかもしれません。

 

強くこすり過ぎると皮膚を痛める事にも繋がる

 

ニオイを消そうとするあまりゴシゴシと皮膚の表面をこする事によって、皮膚が赤く腫れあがってしまい、結果皮膚を傷めてしまう事にもなり兼ねません。

こうなってしまったらニオイ対策どころではありませんよね!

 

皮膚を傷めてしまう事で肌荒れのトラブルも起きてしまうため、気を付けて負いたい所かもしれません。

 

正しい石鹸の使い方とは?

 

では、どのような石鹸の使い方が良いのでしょうか?

 

先ほども述べた通り、ゴシゴシと皮膚を徹底的に洗い落とそうとする事で皮脂をさらに分泌させてしまう為、かえって逆効果となり得てしまいますが、一方で「泡立てネット」などで石鹸をしっかりと泡立てさせたもので体を洗う事がより効果的とも言えます。

泡立てネット自体は100円ショップなどで購入する事も出来るため、手軽に購入する事が出来ます。

 

(Amazonで購入する場合はコチラ)

小久保 美容グッズ 洗顔用 泡立てネット ホイップ洗顔

 

泡立てネットで石鹸を泡立てる事によって、その泡で脂を包み込むような形で体を洗うのが効果的との事。

これならば皮膚を傷つけもしませんし、皮脂の更なる分泌を防ぐ事も出来るといったメリットがあり、ニオイ対策に期待が出来ます!

 

しかも乾燥肌の方の場合ですと、皮脂の取りすぎによって冬場になるとより肌がカサカサになってしまいます。

 

私自身、冬になると肌を掻きむしってしまう事もあるため、肌には気を使いたいと思っている程ですので、結構気になる所ではありました。

同じ石鹸で効果が変わるのであれば、機能的にも効果的にも良い方法をがいいですもんね!

 

まとめ

 

単に肌を洗うためにゴシゴシと擦るのでは逆効果となり得てしまうという事ですね。

男性は女性ほど肌のトラブルが気にならないのかもしれませんが、肌のトラブルはそのまま加齢臭等にも繋がってきてしまうため、こういった気づかいを日ごろからしておきたい所です。

 

爽やかなニオイのする人はやはり人に好かれる要素ではありますからね(笑)

良い香りのする人を目指しましょう!

 

 

柿渋石鹸TOPへ

 

 

<スポンサーリンク>

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket