「足のにおいが気になって仕方ない!」3つの原因とその対策

足臭

 

「足が蒸れてにおいが気になる」と感じたことはありませんか?

実は男女問わず、足のにおいで悩んでいるという方は少なくありません。

足に限らず、自分のにおいは気が付きづらいもの。できれば他人に指摘されることなく解消したいですよね?

 

そこでこの記事では、足の気になるにおいの原因や対策について紹介します。

対策を取る事によって、足のにおいは軽減が可能です。ぜひ試してみてはいかがでしょうか。

 

足が臭くなる原因とは

 

イヤな足のにおい、気になりますよね?

原因としては、以下のようなものが考えられます。

 

原因1.汗

 

人間は、毎日足の裏からコップ一杯分の汗をかくと言われています。これは、足の裏にエクリン腺という汗腺があるためです。

通常、汗は無臭であると言われています。しかし皮、膚についた雑菌が汗や皮脂、垢などを分解すると事でにおいが生じます。

常に靴を履いている状態ですと、靴の中は蒸れた状態になります。すると、雑菌が繁殖しやすくなるため、においが発生しやすくなってしまうのです。

 

原因2.靴

 

通気性の悪い靴は蒸れやすく、においも籠りやすくなってしまいます。

特に、革靴やブーツは通気性が悪いため、雑菌が繁殖しやすくなります。

 

原因3.食事

 

普段の食事は、体臭に大きく関わっています。

・にんにく
・にら
・ねぎ類
・アルコール類

などにおいの強いものを多く摂取していると、体臭が強くなることがあります。

 

足のにおい対策

 

それでは次に、具体的な対策についても見ていきましょう。対策もそれほど手間や費用がかかるものではありません。

どれか1つを試すのではなく、可能な限り対策をしてにおいをしっかり防ぎましょうね。

 

対策1.清潔にする

 

におい対策として最も重要なのが、この「清潔にする」ということです。

足のにおいは、汗や垢などが雑菌に分解されることにより生じます。そのため、足は毎日しっかり丁寧に洗いましょうね!

 

また雑菌は爪や指の間にも隠れています。洗い残しがないよう、石鹸をつけ、きちんと汚れを落としましょう。

また、爪が伸びていると汚れがたまりやすくなるため、こまめに切りましょう。洗ったあとはきちんとタオルで拭き取り、乾燥させます。

 

対策2.靴の手入れをする

 

通気性の悪い靴は蒸れやすく、においがこもりやすくなります。そのため可能であれば通気性のよい靴を履きましょう。

また、毎日同じ靴を履くのを避けるのも効果的です。1日履いた靴は休ませ乾燥させることでにおいを軽減できます。

その際に、消臭アイテムを靴の中に入れておくと、さらに効果が上げる事となるでしょう。

 

対策3.食生活を改善する

 

食事の改善もにおいの軽減には効果的です。体臭や口臭、足のにおいが気になるときは、においの強い食べ物を控えてみましょう。

 

対策4.消臭効果のある石鹸やスプレーを使う

 

ドラッグストアや通販などでは、消臭効果のある石鹸やスプレーが売られています。その中には、足のにおい対策に特化したものもあります。

においケアをするなら、これらの消臭効果がある石鹸やスプレーはおすすめです。

消臭効果に効果のある柿渋の成分が入った石鹸を使うなど、ご自身の体臭が気になるようでしたら使われてみると効果が期待できるかもしれません。

 

対策5.蒸れたら乾燥させる

 

仕事中や外出時に足に汗をかいて蒸れてしまったら、靴を脱いで乾燥させましょう。可能であれば市販のフットシートで拭き取るのがおすすめです。

拭き取ったあとはきちんと乾燥してから靴下を履きましょう。 この際に、靴下を履きかえるとさらに効果的です。

 

まとめ

 

気になるにおい、少しでも防ぎたいですよね。足のにおい対策は、いずれも、それほど手間が掛かるものではありません。

ちょっとしたケアで、かなりにおいを軽減することが可能です。

もしもにおいが気になっているようなら、ぜひ対策してみてはいかがでしょうか?

 

 

<スポンサーリンク>

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket