効果はいかに?柿渋石鹸のメリット・デメリットをそれぞれ挙げてみる

      2016/09/23

悩み

 

私自身、体のニオイが気になり始めてから柿渋石鹸を使う事によって、思った事をまとめておきたいと思います。

柿渋石鹸を使った事が無い方、これから使ってみようと思っている方に参考にしてもらえると幸いです。

 

なぜ柿渋石鹸なのか?

 

これまで私は、汗ふきシートやデオドランドスプレー等を使用してきました。

その中でも、柿渋石鹸は体全体のニオイにアプローチする消臭アイテムであるため、長期的に使えるものであると思っております。

 

柿渋は古来から消臭剤として使われていただけで無く、防虫・防腐剤としても使われてきた歴史があります。

また、天然成分由来であるため、肌に優しく使えるので肌荒れ等を気にし過ぎる事無く使う事が出来るでしょう。

 

とはいえ、そのように消臭が期待できる柿渋であったとしても、良い面とそうでない面とがあります。

なのでこの記事では私がこれまでに使ってきた柿渋石鹸についてのメリット・デメリットについて触れておきたいと思いますね。

 

柿渋石鹸のメリット

 

私が思うに、柿渋石鹸を使うメリットは以下のものとなります。

 

・消臭効果が抜群
・天然由来の成分の為、肌にも優しい
・加齢臭の原因となるノネナールに直接働きかける
・普段の石鹸を取り換えるだけなので、手軽にニオイケアが出来る
・どの体臭にも効果がある為、全身に使える

 

などといったメリットが感じられました。

また、柿渋石鹸を使う事で石鹸によっては、95%以上も嫌な体臭を除去するという事も科学的に証明されています。

 

柿渋は古来から使われてきたため、先人の知恵が活かされてある安全な成分でもあります。

石鹸による肌荒れが心配な方でも気兼ねなく使えますね。

 

柿渋石鹸のデメリット

 

消臭効果には柿渋石鹸はかなり期待が出来るものだと思うのですが、そういったものでも見方を変えるとデメリットにもなり得てしまいます。

私の場合、特に以下のようなものが気になってしまいました。

 

・普通の石鹸に比べてやや高価
・根本的に治す訳では無いので、継続的に使用する必要がある

 

ただ、このようなデメリットがあると感じましたが、ワキガ除去等の数十万円もする手術費用に比べたら一個2千円程の柿渋石鹸を使用する事によって、体全体の体臭予防が出来てしまいます。なので、それに比べたらコスパ的にもかなりお得であると思いますね。

これをデメリットと捉えるか、そうでないかは人それぞれかもしれません。

 

まとめ

 

柿渋石鹸には柿渋特有の渋みのあるニオイがありますが、実際に使ってみる事によって汗臭さやワキのニオイなどの不快なニオイが感じられなくなるほどでした。

特に、汗がかきやすい夏場なんかは体臭を防ぎようがありませんからね。それによって、場合によっては対人関係にも影響を与えかねないので、まずは出来る事からニオイケアを始めていくといいかもしれません。

私個人的には、消臭効果が最も期待できる柿渋石鹸を使う事をおススメします。

 

柿渋石鹸TOPへ

 

 

<スポンサーリンク>

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

 - 柿渋について, 柿渋石鹸に関する知識 , ,