肌 汗腺

 

<スポンサーリンク>

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

薄着の季節!気になる体臭の原因や、汗臭い匂いへの対策と改善方法

汗臭 男性

 

気温が上がってきて、薄着の季節になると気になるのが「体臭」です。

冬場に暖房で体臭が生じてしまうこともありますが、夏になり、汗をかく季節になってからはさらに注意が必要です。

電車に乗ったときやオフィスにいるときなどに、他人の体臭が気になることは珍しくありません。さらに困ったことに、体臭は自分では分かりづらいものです。

そのため、知らないうちに「体臭で周囲に不快な思いをさせてしまう可能性」は誰にでもあります。

そこで、今回は汗による体臭の原因や、対策、匂いの改善方法などについて紹介します。日常的なケアをしっかり行うことで、気になる体臭を防ぎましょう。

 

自分の体臭に気付きづらい理由

 

日常生活において、時々、驚くほど強烈な体臭や口臭に出くわすことがあります。

そんなとき、

「これだけ匂いがするのにケアをしていないなんて考えられない…」

 

と思ってしまいがちなものです。

 

ところが、実際のところ、本人はその強烈な体臭に気付いていないというケースが多々あります。

 

実はこれ、人間の嗅覚の仕組みによるものです。

 

人間の嗅覚は、同じ匂いを嗅ぎ続けていると、その匂いが分からなくなってしまうという仕組みを持っています。

体臭や口臭などが発生しても、自分の匂いとして嗅ぎ続けていれば、臭いと感じなくなってしまうのです。

香水や柔軟材などの匂いも同様で、使用しているうちに慣れてしまうと匂いを感じなくなります。その結果、香水を付けすぎてしまう、ということが起こったりしてしまうのです。

 

しかし、これは嗅ぎ続けている匂いに対しての反応となります。

そのため体臭が強い人が自分の匂いには気付かず、別な体臭の強い人に遭遇した時に、

「あの人は体臭がひどい」

と感じたりもするのです。

自分の体臭には気付きづらいことを考えると、匂いの自覚がないとしても、体臭ケアは必要であるといえますね。

 

汗をかいたあとに体臭が発生する原因

 

体臭の中でも多いのが「汗臭い」というものです。そのため、汗自体に匂いがあると思っている人も多いのですが、実は、汗そのものは、出たばかりのときは、ほとんど無臭です。

しかし、汗をかいた後にそのままにしておくと、汗が

・垢
・皮脂

などと混ざり合い、細菌などによって分解されてしまいます。

 

このとき、「汗臭い」匂いの原因となる、悪臭をともなう物質が発生します。

 

汗が出る「汗腺」には、

・エクリン腺
・アポクリン腺

この2種類があります。

 

ここでいう「汗臭い」体臭の原因となる汗は、エクリン腺から出るものです。エクリン腺から出る汗は99%が水分となっています。

また、アポクリン腺から出た汗は、雑菌に分解されると、わきがの匂いの原因となります。

 

汗による体臭への対策方法

 

もともと無臭である汗は、垢や皮脂と混ざり、細菌に分解されることにより、嫌な匂いを発生させます。そこで、汗をかいたら、そのままにせず、すぐにしっかりと汗をふき取り、乾燥させることが大切です。

市販の汗拭きシートなどや、制汗剤の使用も効果的です。仕事中などは難しいかもしれませんが、汗で濡れた衣類は可能であれば着替えましょう。

また、体臭予防や、改善に効果ができる石鹸の使用にも効果が期待できます。身体を洗う際は、皮脂の落としすぎを防ぐために、ごしごし洗うことは避けます。

そして匂いの発生しやすい、

・頭、額、鼻
・首周り
・耳の後ろ
・胸
・脇
・背中

など皮脂の多い部分は、特に丁寧に洗うことをおすすめします。洗い忘れ、洗い残しがないよう、たっぷりの泡で、毎日優しく洗うように心がけましょう。

 

汗の匂いを改善する

 

体臭の強さは、食生活の影響を大きく受けます。そのため、体臭の改善を考えるならば、食生活の見直しも大切です。

 

・動物性脂肪を多く含む食材
・ネギやにんにく、にらなど匂いの強い食材
・ジャンクフードやレトルト食品
・アルコール

特にこれらは、汗の匂いを強くするといわれています。

汗の匂いが気になる場合は、これらの食材を控え、魚や野菜を中心とした食生活に切り替えてみましょう。

なお、にんにくは、食べた後に体内から匂いの成分が消えるまで16時間かかるといわれています。しかし、食べる量や調理方法、個人差などにも左右され、長いときは48時間ほど匂いが残ることもあります。

これは、匂いの成分である「アリシン」が体内に取り込まれ、血液を通して身体をまわり、汗などとして毛穴から排出されるためです。そのため、汗の匂いを抑えたい場合は、にんにくの食べすぎには特に気を付けましょうね。

 

まとめ

 

誰もが気になる、他人の体臭。しかし、もしかしたら、自分が匂いの源となっていることがあるかもしれません。

家族などであったとしても、体臭は指摘しづらいものです。そのため、体臭がきつかったとしても、誰からも指摘されないことも考えられます。

知らず知らず誰かに汗臭い」「体臭が酷いと思われることがないよう、毎日しっかりとケアしましょう。

 

 

<スポンサーリンク>

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

デオドランド剤の使いすぎは危険!?体臭対策に必要な事

消臭剤

 

世の中が体臭に対しての意識が高まるにつれて、ドラッグストアの棚には数多くのデオドランド剤が陳列されるようになり、目にする機会も増えてきているのではないでしょうか?

デオドランド剤にはスプレータイプ、パウダータイプ、ふき取りシートタイプなどがあり、急な発汗時に対応するなど、それぞれ用途に応じて使われる事でしょう。

外出時にも手軽に使う事も出来ますので、人によっては使用頻度も多く、特に夏場になると頻繁に使う方も居るかと思われます。

 

【関連記事】

体臭を気にする男性が増えてきている?目指すは無臭化社会?

 

デオドランド剤を使いすぎるとこんな危険性が…

 

急な発汗時の臭いを防ぐ事においては便利ではありますが、ワキガ臭とデオドランド剤の香料が混ざる事によって、余計に不快なニオイへと変わってしまう事にも繋がりかねません。

自分では良いニオイだと思っていても、周囲から嫌な顔をされてしまったり、心なしか人から避けられてしまう事にも繋がってしまうかもしれません..。

さらに、多用する事によって広い範囲で汗腺がふさがってしまい、汗が出にくくなってしまうなど、体内に老廃物が溜まってしまう原因にもなり兼ねません。

こうなってしまうと本末転倒ですよね。自己満足でしかないと言いますか。。

 

また、殺菌成分が強すぎて肌が負けてしまい、その結果皮膚のトラブルにも繋がってしまう事もあるようです。

特に肌が敏感の人にとっては、あまり多用しないようにしておいた方が良いでしょう。

 

デオドランド剤と上手に付き合うには?

 

即効性があり、便利でもあるデオドランド剤ではありますが、適切な使い方をしないと上記のようなトラブルを引き起こす原因にもなり兼ねません。

なので、そういったトラブルを回避するためにも適切な使用を心がけておく必要があるでしょう。

 

・デオドランド剤はなるべく多用し過ぎない
・部分的、短時間の使用に留めておく
・防ぎたいニオイの種類に対して適切なものを選ぶ

 

日々の生活で取り組める体臭予防

 

ストレスや生活習慣病に気を付ける

 

仕事のストレス、人間関係のストレス、家庭内のストレスなど、現代人にとってストレスは身近な存在でもあります。

それによって、健康を害するだけでもなく体臭にも影響を及ぼす事となるため、体のニオイが気になり始めたら、今の生活や自分が置かれている状況について見直す必要もあるかもしれません。

 

【関連記事】

加齢臭は生活習慣病と深い関係がある?

 

食事に気を遣う

 

加齢臭を抑える為には、肉中心の生活をなるべく控え、抗酸化食品を摂るようにしましょう。

たとえばビタミンCには強い抗酸化があり、活性酸素を抑制させる働きがあるとされています。

また、主食として和食を取り入れるなど、体臭を予防するためにも生活に取り入れていきたいところです。

 

【関連記事】

加齢臭を抑える5つの食事療法

 

「柿渋入り」の石鹸で体を洗う

 

柿渋の何が良いのかと言うと、柿渋には、加齢臭を抑えるポリフェノール成分が入っているからです。

加齢臭の原因となるノネナールを減少させ、体臭を抑える働きがあるため、普通の石鹸と比べて体臭予防に効果テキメンです!

さらに、加齢臭を抑える働きのあるポリフェノール素材に含まれるものとして、様々な食材の中でも特に柿渋が使われているという事もあります。

 

また、柿渋は古来より天然の防腐剤や脱臭剤として日本で使われてきた事もあり、その長い歴史によってその安全性が確認されております。

私自身、柿渋入りの石鹸を使って体臭を抑える上で、アトピーや肌荒れが気になりましたが、実際に保湿成分入りの柿渋石鹸を使ってみて、肌の刺激はほとんどありませんでした。

【関連】

アトピー性皮膚炎の人でも柿渋入りの石鹸は大丈夫?

 

まとめ

 

デオドランド剤は手軽に体臭を抑える上で便利ではありますが、便利だからと言って使いすぎてしまうとかえって肌のトラブルを引き起こす原因となりかねません。

適度に使いつつも、日々の生活の中で出来るニオイ対策を心がけておきましょう。

 

 

<スポンサーリンク>

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

溢れ出るオヤジ臭はどうやって防げる?今すぐ対策を始めましょう。

 

年齢を重ねていく毎に徐々に臭ってくる体臭。。。

特に中高年になると、体臭もより分かりやすく臭ってきてしまいますし、若いころと比べたらニオイの質も変化していきます。

30代に入ると皮脂の分泌量も増え、さらに40代に入るとより脂っこいニオイへと変わってくると言われています。

【関連記事】

皮脂の分泌量のピークは30代

 

オヤジ臭の主な原因

 

オヤジ臭とは、加齢に伴って発生する中高年の男性特有のニオイであるような事を指しています。

いわゆる、「加齢臭」に加えて、アルコールやたばこなどのニオイが混じったような臭いであったり、若い頃とはまた違った臭いを体から発する事となってしまいます。

頭皮や口臭、代謝によって流れる汗や脇などから臭いが発せられ、さらにそれが生活習慣と相まりオヤジ臭として臭ってきてしまうという事です。

加齢とともに分泌されるノネナールも相まり、それが嫌な臭いの原因となってしまいます。

 

【関連記事】

加齢臭の原因となる物質ノネナールとは?

 

ニオイ対策

 

加齢臭・オヤジ臭を抑え、家族や周囲の人から嫌な顔をされないようにも、日々の生活を見直していく事で臭いを軽減していく事となるでしょう。

仕事でのストレスであったり、運動不足によって代謝が滞り、体内にある老廃物を外に出す事が出来ずそれが悪臭の原因となってしまいます。

また、脂肪分の多い肉中心の生活となってしまうと、動物性脂肪によってワキガを引き起こす原因ともなってしまいます。

【関連記事】

加齢臭は生活習慣病と深い関わりがある?

 

ワキガを防ぐためにも、基本的に和食中心の生活を送り、食物繊維の多い未精米の穀物ビタミンEが含まれている雑穀を摂ると良いでしょう。

他にも、精製されていない玄米にはビタミンB亜鉛マグネシウムなどといったミネラルが含まれている為おススメです。

かつては農耕民族であった日本人にとっては、そのような食生活の方が向いているという事もあるかもしれません。

 

【関連記事】

加齢臭を抑える5つの食事方法

 

まとめ

 

オヤジ臭を軽減させるためにも、まずは普段の生活を見直していく必要があります。加齢による体臭の変化は仕方のないところがある一方で、日々のケアによって軽減させていく事も出来るでしょう。

 

 

<スポンサーリンク>

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

使い方間違ってない?加齢臭を抑える為の石鹸の正しい使い方とは?

洗顔

 

素人考えで言えば体からニオイを消すためには皮膚の表面をゴシゴシと擦る事でニオイが落ちると思ってしまいがちですが、実際の所どうなのでしょう?

たしかに洗った直後はニオイが取れているようにも思いますが、時間が経つとまたすぐに元の状態に戻ってしまう事もしばしば。

 

なぜならば、洗った後にまたすぐに皮脂が皮膚を覆ってしまうため、一生懸命ゴシゴシと石鹸でこすってもあまり効果が無いという訳なのです。

なので、石鹸での正しい洗い方をしていく事でニオイ対策にも効果を発揮していくのですね。

 

皮脂は外敵などから身を守るために分泌されるもの

 

皮脂というものは脂っこく、ほっておけばニオイの原因ともなってしまうため、体臭が気になるのであればキレイさっぱりと取り除きたい所。

しかし、皮脂には外敵とされる病原菌などの繁殖を防いだり、肌の保湿を保つ役割を持っているためむやみやたら洗い流してしまう事はよくありません。

 

あまりにもテカりすぎる程皮膚を覆ってしまうのであればイラッとしてしまいますが、適度に保つことでむしろ皮膚の健康を保つためにも皮脂は必要不可欠であるものだとも言えます。

 

しかも、皮脂を取り去った後にもまたすぐに新たな皮脂が分泌される仕組みとなっているため、ゴシゴシと洗い落とす事はやってもあまり意味の無い事かもしれませんね。

それにより、皮脂が過剰に分泌されていく事によって加齢臭を促進させてしまう事にも繋がってしまうため、頑張って洗い落とそうとする行為自体極力避けておいた方が良いかもしれません。

 

強くこすり過ぎると皮膚を痛める事にも繋がる

 

ニオイを消そうとするあまりゴシゴシと皮膚の表面をこする事によって、皮膚が赤く腫れあがってしまい、結果皮膚を傷めてしまう事にもなり兼ねません。

こうなってしまったらニオイ対策どころではありませんよね!

 

皮膚を傷めてしまう事で肌荒れのトラブルも起きてしまうため、気を付けて負いたい所かもしれません。

 

正しい石鹸の使い方とは?

 

では、どのような石鹸の使い方が良いのでしょうか?

 

先ほども述べた通り、ゴシゴシと皮膚を徹底的に洗い落とそうとする事で皮脂をさらに分泌させてしまう為、かえって逆効果となり得てしまいますが、一方で「泡立てネット」などで石鹸をしっかりと泡立てさせたもので体を洗う事がより効果的とも言えます。

泡立てネット自体は100円ショップなどで購入する事も出来るため、手軽に購入する事が出来ます。

 

(Amazonで購入する場合はコチラ)

小久保 美容グッズ 洗顔用 泡立てネット ホイップ洗顔

 

泡立てネットで石鹸を泡立てる事によって、その泡で脂を包み込むような形で体を洗うのが効果的との事。

これならば皮膚を傷つけもしませんし、皮脂の更なる分泌を防ぐ事も出来るといったメリットがあり、ニオイ対策に期待が出来ます!

 

しかも乾燥肌の方の場合ですと、皮脂の取りすぎによって冬場になるとより肌がカサカサになってしまいます。

 

私自身、冬になると肌を掻きむしってしまう事もあるため、肌には気を使いたいと思っている程ですので、結構気になる所ではありました。

同じ石鹸で効果が変わるのであれば、機能的にも効果的にも良い方法をがいいですもんね!

 

まとめ

 

単に肌を洗うためにゴシゴシと擦るのでは逆効果となり得てしまうという事ですね。

男性は女性ほど肌のトラブルが気にならないのかもしれませんが、肌のトラブルはそのまま加齢臭等にも繋がってきてしまうため、こういった気づかいを日ごろからしておきたい所です。

 

爽やかなニオイのする人はやはり人に好かれる要素ではありますからね(笑)

良い香りのする人を目指しましょう!

 

 

柿渋石鹸TOPへ

 

 

<スポンサーリンク>

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

 

<スポンサーリンク>

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

 

<スポンサーリンク>

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

 

<スポンサーリンク>

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

 

<スポンサーリンク>

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

 

<スポンサーリンク>

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

 

<スポンサーリンク>

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

 

<スポンサーリンク>

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

 

<スポンサーリンク>

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

 

<スポンサーリンク>

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket