溢れ出るオヤジ臭はどうやって防げる?今すぐ対策を始めましょう。

 

年齢を重ねていく毎に徐々に臭ってくる体臭。。。

特に中高年になると、体臭もより分かりやすく臭ってきてしまいますし、若いころと比べたらニオイの質も変化していきます。

30代に入ると皮脂の分泌量も増え、さらに40代に入るとより脂っこいニオイへと変わってくると言われています。

【関連記事】

皮脂の分泌量のピークは30代

 

オヤジ臭の主な原因

 

オヤジ臭とは、加齢に伴って発生する中高年の男性特有のニオイであるような事を指しています。

いわゆる、「加齢臭」に加えて、アルコールやたばこなどのニオイが混じったような臭いであったり、若い頃とはまた違った臭いを体から発する事となってしまいます。

頭皮や口臭、代謝によって流れる汗や脇などから臭いが発せられ、さらにそれが生活習慣と相まりオヤジ臭として臭ってきてしまうという事です。

加齢とともに分泌されるノネナールも相まり、それが嫌な臭いの原因となってしまいます。

 

【関連記事】

加齢臭の原因となる物質ノネナールとは?

 

ニオイ対策

 

加齢臭・オヤジ臭を抑え、家族や周囲の人から嫌な顔をされないようにも、日々の生活を見直していく事で臭いを軽減していく事となるでしょう。

仕事でのストレスであったり、運動不足によって代謝が滞り、体内にある老廃物を外に出す事が出来ずそれが悪臭の原因となってしまいます。

また、脂肪分の多い肉中心の生活となってしまうと、動物性脂肪によってワキガを引き起こす原因ともなってしまいます。

【関連記事】

加齢臭は生活習慣病と深い関わりがある?

 

ワキガを防ぐためにも、基本的に和食中心の生活を送り、食物繊維の多い未精米の穀物ビタミンEが含まれている雑穀を摂ると良いでしょう。

他にも、精製されていない玄米にはビタミンB亜鉛マグネシウムなどといったミネラルが含まれている為おススメです。

かつては農耕民族であった日本人にとっては、そのような食生活の方が向いているという事もあるかもしれません。

 

【関連記事】

加齢臭を抑える5つの食事方法

 

まとめ

 

オヤジ臭を軽減させるためにも、まずは普段の生活を見直していく必要があります。加齢による体臭の変化は仕方のないところがある一方で、日々のケアによって軽減させていく事も出来るでしょう。

 

 

<スポンサーリンク>

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket