不快なニオイは存在しない?体臭の良し悪しを判断するものとは?

ニオイ

 

体のニオイを放置してしまうと、思わず鼻を覆いたくなるようなニオイを放ってしまいます。

汗や皮脂などが溜まってしまう事で悪臭となり、不快感を感じてしまう程です。

 

ニオイを識別するポイント

 

ニオイと言えども多種多様なものがあります。その中でも人間が「不快である」というニオイにはある程度のパターンとして存在します。

 

例えば、大便のニオイというものは嗅がずとも「臭い!」と、誰しも思えてしまいますよね?

しかし、生まれたばかりの子供にとっては便が臭いとは思いません。なぜならば、成長と共に周囲の大人が「臭い」と感じている事を見ながら学習していくことになるからです。

 

成長していく過程においてニオイの良し悪しの判断が人それぞれ形成していく事になっていくのですね。

 

脳が不快なニオイと判断するポイント

 

上記のように、成長過程において徐々にニオイの識別をしていく事になりますが、それ以外にも識別するポイントがあります。

 

・生まれた環境
・人生で経て来た経験
・体調の具合
・視覚的に見て判断する事もある

 

など。

これまでのニオイにまつわる経験の良し悪しによって、そのニオイが不快であるかそうでないかを脳が判断をするようです。

 

人が体臭に対して快・不快を感じるポイントは個人差による部分が大きい所があり、仮にAさんが不快なニオイだと感じても、Bさんにとってはそこまで不快であるとは感じられないという事ですね。

 

他にも、最後の項目のように鼻で判断するのではなく、見た目によって判断してしまう事もありえてしまいます。

 

例えば生まれたての赤ん坊はニオイがするどころか、ほのかな甘い香りがします。一方で加齢臭を放つ年齢層の方とを比較してしまった場合、イメージ的には加齢臭を不快と感じてしまう事の方が臭ってしまうイメージが出てきてしまいますよね。

そういった具合に、見た目によってニオイを嗅がずともニオイの良し悪しが判断し得るものとなる事もあります。

 

人間の嗅覚は3~4歳でほぼ完成する

 

一般的には大体3~4歳くらいでニオイに対する感じ方が決まってくるとされています。この頃までに嗅いだニオイというのは、今後の人生を歩んでいく上で体臭に対する耐性が出来てくるようですね。

例えばこの時期におじいさん・おばあさんらと同居していた場合、年齢と共に生じる加齢臭に対してさほど臭いとは感じなくなる傾向にあるようです。

 

そのため、加齢臭に対して嫌なイメージを持たれる方は、3~4歳頃までに育ってきた生活環境においておじいさん・おばあさんらと触れ合う機会というものが少なかったのかもしれません。

 

嗅覚は個人差が大きい

 

育ってきた環境によっては嗅覚に関しても差が生じてくるようです。

私自身、祖父母と暮らしていた経験がほとんど無かったため、高齢者特有の加齢臭と言うものに対してやや苦手意識を持っていた所はありました。しかし一方で、小さいころから慣れ親しんだ方というのはあまり気にはならないようです。

 

ただ、最近では核家族の家庭の割合が増えてきたという事もありますので、加齢臭に対する耐性が成されないまま成人を迎えるという事もあり得なくは無い話でもあります。

 

2016年7月12日付で、厚生労働省が核家族や単身家族などの推移について以下のようにまとめたグラフを発表しました。

(「ガベージニュース」様より画像を引用:http://www.garbagenews.net/archives/1953968.html)

 

このグラフによりますと、核家族の家庭の推移が40年ほどで倍近くも増えてきています。

生活する上でおじいちゃんおばあちゃんらと過ごす時間というものが無くなってしまう事で加齢臭に対しての抵抗が無くなり、不快に思えてしまう事もあるようです。

 

体調によって嗅覚が鋭くなったり鈍くなったりする

 

また、好物を食べる際など、普段は好きであるはずのものが体調の具合によって吐き気を催してしまったりもする事があります。

たとえば私自身の例で言いますと、納豆は割と好きな方なのですが、風邪で体調を崩してしまったりした場合なるべく身の回りから遠ざけてしまいたくなるほど嫌になります。

 

普段は何とも思わないものですが、体調によっては体が拒絶反応を起こしてしまう事もあるようです。

 

イメージによって脳が臭いと判断してしまう

 

パッと見、見た目の良し悪しでニオイもイメージされてきます。

心当たりがある方も多いかもしれませんが、クリーニングに出したばかりの清潔なシャツを身にまとったサラリーマンの方と、汗まみれで近づいただけで熱気が感じられそうなサラリーマンの方とでは、やはり後者の方が臭ってしまうようなイメージが拭えません。

 

「人は見た目が9割」

と言われているように、直接ニオイは嗅がなくともイメージによって体臭を嗅覚が察知してしまう事にもなってしまいます。

 

まとめ

 

ニオイの良し悪しを判断するポイントと言うのは育ってきた環境にもよりますので、一概に臭いとされるニオイというものが他の人にとっても臭いと感じられるという訳では無いようです。

ただし、不快である云々よりも人体に悪影響を及ぼしかねないニオイ等もありますので、そういった意味でもニオイに対して敏感であるという事はあらかじめ危険を察知するための能力でもあり得てきます。

 

単に臭いものや、明らかに体に悪影響を及ぼしかねないニオイから身を守るためにも人には嗅覚というものが備わっているのですね。

 

 

 

<スポンサーリンク>

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket